採用情報

中途採用面接攻略

準備すべきこと、アピールポイント

私は社長という立場ですが、全ての採用面接に立ち会ってきました。

何故か?

採用は「会社の将来を左右する」と考えるからです。

面接に受けに来た方も人生をかけて臨みますが、我々採用する側も会社の将来をかけて臨んでおります。そのため、全てが真剣勝負であり、一人一人に対して十分な準備をします。

これまで様々な方と面接でお会いしましたが、こちらが引き込まれてしまう方、いつまでも話していたい方がおられた一方で、全く準備もしてきていない方、やる気が全く見られない方もおられました。

面接もひとつのスキルだと思ってます。採用する側の立場に立ってしっかりと準備することで、対策をすることが出来ると考えます。

私なりに考える面接対策、面接攻略を参考いただければと思います。

株式会社アイベック 代表取締役 関口豊

履歴書を深く読み込む(事前準備は不可欠)

「学生時代に夢中になったこと」

学生時代に何を学んできたのかは広い範囲で準備しましょう。
【アピールポイント】勉強、部活、サークル、アルバイト、旅行など

  • どんなことに取り組んだのか。
  • 何故、取り組んだのか。
  • もしチームであれば、どんな役割であったか。
  • 何か成果はあったのか?残せたものはあったのか?

「前職の仕事内容」

全体的な会社業務に対し、自分の仕事がどのような役割にあったのか。
業界の中での会社の位置、業界の将来性を整理。
前職のスキルが応募先の仕事で活かせるのであれば、アピールできるよう準備。
【アピールポイント】仕事をどれだけ主体的にやってきたのか

「前職の退職理由」

退職を決意した理由を明確にしてください。
退職理由のほとんどは、人間関係、雇用環境、給与といわれています。
理由を偽ることなく、事実と向き合うことが大事です。
【アピールポイント】将来を考えた転職なのかどうか

「転職回数が多い時の理由」

転職回数が多いことは大きなマイナスポイントです。
冷静に事実を説明し、将来展望を精一杯アピールできるように準備しましょう。
前向きな姿勢、立ち向かう覚悟を表現すれば必ず伝わります。

「志望動機」

会社の特徴、自分の強みをしっかりと把握しているかが問われています。
会社の将来性、安定性、仕事内容などをチェックしましょう。
自分の強みがどのように活かせそうか想像して志望動機としてください。
【アピールポイント】会社の内容を説明しつつ、自分の強みをPRできるか。

「通勤方法」

会社に入ったときをイメージしてきたかを問われています。
どのようなルートで、どのくらい時間がかかるか。しっかりと準備しましょう。

履歴書を深く読み込む(事前準備は不可欠)

受ける会社のホームページを隅々までチェックし、頭の中に入れましょう。

  • 「会社概要」創立年数、売上規模、従業員数など
  • 「会社沿革」どのような経緯で会社が成長してきたか
  • 「企業理念」会社の根幹、会社の方針
  • 「事業所」拠点はどこにあるのか
  • 「事業内容」何をしている会社なのか
  • 「業界」どんな業界に属しているか。業界の将来性は?

将来を予測する(事前準備は不可欠)

5年後、10年後の世の中を勝手に予測してみてください。
何気なく生きるのではなく、未来をもっと勉強しましょう。

  • 「10年後に、車は自動運転しているのか。電気自動車になっているのか」
  • 「10年後に、スマホはどんなふうに進化しているのか」
  • 「10年後に、AIはどこまで浸透しているのか」
  • 「10年後に、鉄道はどうなっているのか」
  • 「10年後に、タワーマンションはどうなっているのか」

【アピールポイント】未来予測と会社将来を結び付けられるとポイントアップ。

面接当日に注意すべきこと

「遅刻は厳禁」

当たり前ですが、遅刻は厳禁です。時間に余裕を持って準備しましょう。
万が一間に合いそうになかったら、事前連絡を忘れずに。

「第一印象は大事」

当たり前ですが、遅刻は厳禁です。時間に余裕を持って準備しましょう。
万が一間に合いそうになかったら、事前連絡を忘れずに。

  • 見た目(服装が汚くないか、シワシワではないか)
  • 第一声は大きな声で(聞こえない小さな声は大きなマイナス)
  • おどおどしていないか(自分を売り込む気持ちを忘れずに)

面接前に、自分の姿は鏡で確認しよう。

「ビジネスマナー」

当たり前ですが、遅刻は厳禁です。時間に余裕を持って準備しましょう。
万が一間に合いそうになかったら、事前連絡を忘れずに。

  • 会社の入り口でコートを脱ぎ、携帯電話の電源を切る。
  • 入室するときはノックをして、「どうぞ」といわれてから入室する。
  • 名前を名乗り、「本日はよろしくお願いします」と挨拶する。
  • 「どうぞ」と促されてから席に座る。
  • 面接中は、相手の目をしっかり見て話す。
  • 面接後、「ありがとうございました」とお辞儀をする。
  • 建物を出るまで気を抜かない。

「質問に対しての答え」

当たり前ですが、遅刻は厳禁です。時間に余裕を持って準備しましょう。
万が一間に合いそうになかったら、事前連絡を忘れずに。

  • とにかく前向きであること(未来を見ているか)
  • 主体的であること(受け身ではないこと)
  • 嘘を言わないこと(当たり前ですが)
  • 無口にならないこと(わからないときは、素直に伝える)
  • 調子に乗って喋り過ぎないこと

さいごに・・・

「採用面接においては準備がすべてです」

しっかり準備を行い、自信を持って面接に臨めば、良い結果が得られるはずです。
縁があって、弊社の面接を受けにくることになったときは楽しみにしてます。
あなたの「将来展望」をぜひ教えてください。

採用情報メニュー